孔雀画廊は日々、 “こころ” と “くらし” を 豊かにする作品を探し求め、

時代に合ったコーディネートも 提案しています

NEWS

不確かな時代だからこそ、アートのちからを信じます

 



 
かつて床の間を飾ったアート作品は、日本人の生活の一部でした。アートは今も生きる力の源泉であり、私たちを人の営みの歴史と文化に繋いでくれます。
そんなアートのちからを孔雀画廊は信じ、日々、みなさんのこころとくらしを豊かにする作品を探し求め、時代に合ったコーディネートも提案しています。
「やすらぎ」「刺激的」「静寂」「おもしろい」「楽しい」とアートがもたらす力もさまざまですが、より幅広い提案ができればと思っています。
コロナで人の生活がすっかり変わる中、アートの未来も見えていませんが、アートが人の心の支えになることだけは変わらないと信じています。

飾られている作品・関連作品

幻想的な絵をから聞こえる音楽

時を超えて音楽が流れてくるような絵があります。このデルヴォーの「ダンス」からは、ちょっと怪しい音楽が聞こえてきそうですね。と同時にその妖艶な中に自分も身を委ねてしまいたくなるような世界観でもあります。そんな幻想的なテーマの絵を、このように爽やかにグリーンと一緒に飾るとどうでしょう?怪しい美しさが肯定されて、とても開放的な雰囲気が漂ってこないでしょうか?まるで文学の中に入り込んだような、自由を手に入れたような開放感です。生命の息吹を感じる初夏の一時、あなたの生活空間に、そんな空間遊びを取り入れていみてはいかがでしょうか?

飾られている作品・関連作品

高貴な花

春から初夏にかけて、たくさんの花が咲き始め、ちょっと浮き足立った気持ちになるのは私だけではないでしょう。そんな花の中でも、4月から5月にかけて華やかに咲き誇る牡丹は、日本画の題材として人気があります。富貴を象徴する花として中国から伝わり、古くから愛されてきました。そのエキゾチックで堂々たる風格は、空間の中で存在感を放ちます。紅白で描かれたり、獅子や蝶などと組み合わされることも多いので、そういった置き物を一緒に飾っても楽しいかもしれませんね。ボリューム感がありますので、少しゆとりを持って飾るのが良いでしょう。

まわりが変わったから 私も変わらなければと思っていた まわりが変わったから 私の中に変えたくないものがあると気づいた
『unwavering thing』

遠回りだと思っていた道で 大好きな場所や人に出会った 遠回りだと思っていた道は 私が通るべき道だった
『detour』

本展には、「光を辿って」というサブテーマをつけました。
不確かなものであふれた世界のなかで、確かな指針となるものは何でしょうか。どんなに揺さぶられても、ときには転覆させられても、何度でも前を向くことができる。そんな、灯台のような強い光を放つ自分だけの夢や希望、また、そこへ向かっていく道のりを表現した作品を約32点(未定)展示します。
新しい環境での生活をスタートさせた人にも、忘れかけていた目標を改めて目指そうとしている人にも、背中を押されるようなメッセージになると思います。緑深まる季節、感染対策をしつつ、皆さまのご来場をお待ちしております。

■作家プロフィール
片岡理森 Yoshimori Kataoka
1978年 バンクーバー出生、東京在住
多摩美術大学絵画学科油画専攻卒業
個展を中心に、国内外のアートフェアや企画展にて作品を発表

制作のテーマは、人生のなかで遭遇するさまざまな"疑問"や"気づき"。それらを「Song of Life」と称して個展や画集のタイトルにしています。ベースとなるオリジナルの短詩と、そこからイメージされた絵画とを合わせた作品は、まるで絵本を読んでいるかのように、じんわり心に染み込みます。普遍的な人間の心の動きに着目した内容になっているので、不思議と、鑑賞者は自分の人生の一場面を見ているような気持ちになることも。懐かしいような温かみを感じる絵画は、クレヨンとアクリルを使い、スクラッチを取り入れた独特な作風です。

<近年の活動>
2020年3月:個展 ギャラリーマルキーズ「Voyage」(名古屋)
2020年2月:個展 Art Mall「Song of Life vol.8」(東京)
2020年2月:アートフェア「ART NAGOYA 2020」出品(名古屋)

詳細は作家ホームページへ⇒ http://www.yoshi-mori.com

お客様の元へ伺い、数々の作品を納品、査定してまいりました。お買い求めになられた方は、一層素敵な空間を楽しむために、手放される方は次の方へ気持ちよくお取り次ぎできるようにすることが孔雀画廊の仕事です。

住所 104-0031 東京都中央区京橋2-5-18
京橋創生館1F
TEL 03-3535-3334
営業時間 11:00~18:00(土曜・日曜・祝日休み)
〔会期中は、土曜日.日曜日も開催〕

京橋駅4番出口から徒歩0分

京橋駅4番出口を出ましたら、出口を背に(写真は京橋駅を出て振り返ったところ)
京橋駅4番出口を出ましたら、出口を背に(写真は京橋駅を出て振り返ったところ)
1つ目の路地を入ります。(角に孔雀画廊の看板とBLESS COFFEEがあります)
1つ目の路地を入ります。(角に孔雀画廊の看板とBLESS COFFEEがあります)
数メートル先の左手にガラス張りの孔雀画廊がございます。
数メートル先の左手にガラス張りの孔雀画廊がございます。