孔雀画廊は日々、 “こころ” と “くらし” を 豊かにする作品を探し求め、

時代に合ったコーディネートも 提案しています

NEWS

不確かな時代だからこそ、アートのちからを信じます

 



 
かつて床の間を飾ったアート作品は、日本人の生活の一部でした。アートは今も生きる力の源泉であり、私たちを人の営みの歴史と文化に繋いでくれます。
そんなアートのちからを孔雀画廊は信じ、日々、みなさんのこころとくらしを豊かにする作品を探し求め、時代に合ったコーディネートも提案しています。
「やすらぎ」「刺激的」「静寂」「おもしろい」「楽しい」とアートがもたらす力もさまざまですが、より幅広い提案ができればと思っています。
コロナで人の生活がすっかり変わる中、アートの未来も見えていませんが、アートが人の心の支えになることだけは変わらないと信じています。

飾られている作品・関連作品

幻想的な絵をから聞こえる音楽

時を超えて音楽が流れてくるような絵があります。このデルヴォーの「ダンス」からは、ちょっと怪しい音楽が聞こえてきそうですね。と同時にその妖艶な中に自分も身を委ねてしまいたくなるような世界観でもあります。そんな幻想的なテーマの絵を、このように爽やかにグリーンと一緒に飾るとどうでしょう?怪しい美しさが肯定されて、とても開放的な雰囲気が漂ってこないでしょうか?まるで文学の中に入り込んだような、自由を手に入れたような開放感です。生命の息吹を感じる初夏の一時、あなたの生活空間に、そんな空間遊びを取り入れていみてはいかがでしょうか?

飾られている作品・関連作品

高貴な花

春から初夏にかけて、たくさんの花が咲き始め、ちょっと浮き足立った気持ちになるのは私だけではないでしょう。そんな花の中でも、4月から5月にかけて華やかに咲き誇る牡丹は、日本画の題材として人気があります。富貴を象徴する花として中国から伝わり、古くから愛されてきました。そのエキゾチックで堂々たる風格は、空間の中で存在感を放ちます。紅白で描かれたり、獅子や蝶などと組み合わされることも多いので、そういった置き物を一緒に飾っても楽しいかもしれませんね。ボリューム感がありますので、少しゆとりを持って飾るのが良いでしょう。

お客様の元へ伺い、数々の作品を納品、査定してまいりました。お買い求めになられた方は、一層素敵な空間を楽しむために、手放される方は次の方へ気持ちよくお取り次ぎできるようにすることが孔雀画廊の仕事です。

住所 104-0031 東京都中央区京橋2-5-18
京橋創生館1F
TEL 03-3535-3334
営業時間 11:00~18:00(土曜・日曜・祝日休み)
〔会期中は、土曜日.日曜日も開催〕

京橋駅4番出口から徒歩0分

京橋駅4番出口を出ましたら、出口を背に(写真は京橋駅を出て振り返ったところ)
京橋駅4番出口を出ましたら、出口を背に(写真は京橋駅を出て振り返ったところ)
1つ目の路地を入ります。(角に孔雀画廊の看板とBLESS COFFEEがあります)
1つ目の路地を入ります。(角に孔雀画廊の看板とBLESS COFFEEがあります)
数メートル先の左手にガラス張りの孔雀画廊がございます。
数メートル先の左手にガラス張りの孔雀画廊がございます。