「バラ」

(説明)(1907-1990)きたざわえいげつ 本名は北沢嘉江(よしえ)昭和から平成時代の日本画家。
現代女性の社会的風俗、そして、歴史上の女性たちを特徴的に描いた。
画壇の師から受け継いだ繊細な筆致と広がる色彩、晩年には、現代の写実と装飾の諧和(かいわ/しっくりと調和)が画業の特徴と言われる。
その晩年に至るプロセスの流れにある絵画と、昭和期の作品、そのモダーンさに惹かれる作家だ。
上村松園(しょうえん)、土田麦僊(ばくせん/日本画家)に師事。院展を中心に活躍し、昭和16年(1941)日本美術院同人となる。
小倉遊亀(ゆき)に次いで、二人目の女性の日本美術院同人。
モチーフは、現代の女性の社会的風俗や、歴史上の女性を描いた事で著名だが、戦後期、そして、晩年には、現代的な諧和(かいわ)が感じられる。その晩年の作品には、リトグラフ(lithograph/石版画)と幅広い。 

額装 共シール

サイズ:画寸26×23 額寸49×46

素材:紙本.彩色

(お支払い方法・送料・配送方法・返品についてはこちら)

ご自宅への設置も賜ります!

 

ご自身で作品を設置するのは難しいもの。壁によっては特殊な器具が必要になる場合もございます。
より素敵な空間を目指して、そして安全に飾っていただくために、孔雀画廊では、お届けから設置までを請け負うサービスをご提供しております。どこに飾れば良いか迷われている場合や、取り付けに不安がある場合は、是非ご利用ください。
*壁の状態によっては、施工業者へ依頼する必要がございます。
ご依頼については、お問い合わせください。
 

【設置代金】
関東圏内:
100万円以上の作品をお買い上げの方は無料にてお受けいたします。
*施工業者への施工費用は含まれておりません。

 

関東圏外:
ケースバイケースとなります。
(参考価格:50,000円〜)

  

ご依頼については、ご注文後、お電話、LINE、メールにてお問い合わせください。

(お支払い方法・送料・配送方法・返品についてはこちら)