「バラ」

(説明)(1907-1990)きたざわえいげつ 本名は北沢嘉江(よしえ)昭和から平成時代の日本画家。
現代女性の社会的風俗、そして、歴史上の女性たちを特徴的に描いた。
画壇の師から受け継いだ繊細な筆致と広がる色彩、晩年には、現代の写実と装飾の諧和(かいわ/しっくりと調和)が画業の特徴と言われる。
その晩年に至るプロセスの流れにある絵画と、昭和期の作品、そのモダーンさに惹かれる作家だ。
上村松園(しょうえん)、土田麦僊(ばくせん/日本画家)に師事。院展を中心に活躍し、昭和16年(1941)日本美術院同人となる。
小倉遊亀(ゆき)に次いで、二人目の女性の日本美術院同人。
モチーフは、現代の女性の社会的風俗や、歴史上の女性を描いた事で著名だが、戦後期、そして、晩年には、現代的な諧和(かいわ)が感じられる。その晩年の作品には、リトグラフ(lithograph/石版画)と幅広い。 

額装 共シール

サイズ:画寸26×23 額寸49×46

素材:紙本.彩色

(お支払い方法・送料・配送方法・返品についてはこちら)