「初夏の森」

(説明)

略歴・解説
東京に生まれる。父は日本画家の川崎小虎で、東山魁夷は義兄。東京美術学校を卒業後、1949(昭和24)年、第5回日展に初入選。のちに川崎小虎、東山魁夷の指導のもと森々会を結成するとともに日本画院展、日本美術協会展などにも出品する。第12回日展および第3回新日展では特選を受賞し、第10回新日展で菊華賞、さらに1980(昭和55)年の第12回改組日展では「翳り」が内閣総理大臣賞を受賞する。その間、日展の委嘱、会員、そして評議員と歴任している。一方で女子美術大学助教授、のち同大学教授、武蔵野美術大学教授、さらにはハーバード大学およびボストン美術館付属美術学校で客員教授として日本画、水墨画を教えた。現在、日展評議員、日本美術家連盟理事。

 

サイズ: 91.5×73.5 額寸111.5×93.5cm

素材:紙本。彩色

(お支払い方法・送料・配送方法・返品についてはこちら)

ご自宅への設置も賜ります!

 

ご自身で作品を設置するのは難しいもの。壁によっては特殊な器具が必要になる場合もございます。
より素敵な空間を目指して、そして安全に飾っていただくために、孔雀画廊では、お届けから設置までを請け負うサービスをご提供しております。どこに飾れば良いか迷われている場合や、取り付けに不安がある場合は、是非ご利用ください。
*壁の状態によっては、施工業者へ依頼する必要がございます。
ご依頼については、お問い合わせください。
 

【設置代金】
関東圏内:
100万円以上の作品をお買い上げの方は無料にてお受けいたします。
*施工業者への施工費用は含まれておりません。

 

関東圏外:
ケースバイケースとなります。
(参考価格:50,000円〜)

  

ご依頼については、ご注文後、お電話、LINE、メールにてお問い合わせください。

(お支払い方法・送料・配送方法・返品についてはこちら)