「夜漁」

(説明)

酒井三良 1897-1969 1897年福島県に生まれる。1969年没する。1911年(明治44)上京し、一時坂内青嵐に師事するが、17年(大正6)故郷会津に帰る。このころ生地や会津若松などの風景を盛んに写生する。1919年の第2回国画創作協会展に〈雪は埋もれつゝ正月は行く〉が入選し、さらに21年の第8回再興美術院展に〈災神を焼く残雪の夜〉が初入選し、院友に推される。この年はまた、生涯の師と仰ぐ小川芋銭との出合いの年でもあった。以後院展に出品を続け、1924年同人となる。1962年第47回院展では文部大臣賞を受ける。俳人としても知られ、句集や俳画に関する著作の外、小川芋銭に関する著述もある。晩年は、大都市へと変貌しようとする東京を避けるかのように、茨城県や、生地である福島県を中心に行動し、農村とそこに働く人々を主題に作品を描いた。
 
 
 
 

サイズ:絵寸w33×h21 額寸w51×h39

素材:紙本,彩色

(お支払い方法・送料・配送方法・返品についてはこちら)