「舞妓座像」

(説明)

石本 正 いしもと しょう(本名読み:ただし)、1920年7月3日 - 2015年9月26日)は、日本画家。創画会会員、京都市立芸術大学名誉教授、京都造形芸術大学教授。

島根県浜田市三隅町出身。京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)に入学したが在学中に徴兵され中国に渡る。復員後、人物や風景を描く。1944年(昭和19年)9月、京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)日本画科卒業。1947年(昭和22年)第3回日展で「三人の少女」が初入選。1950年(昭和25年)より創造美術、新制作展に出品し、1951年(昭和26年)「旅へのいざない」など四度新作家賞を受賞。1956年(昭和31年)新制作協会会員。1970年(昭和45年)京都市立芸術大学教授となる。1971年(昭和46年)日本芸術大賞、芸術選奨文部大臣賞受賞。1974年(昭和49年)創画会会員。

この作品は、田舎出の娘が煌びやかな着物をまとい舞妓に仕立て上げられたなか、孤独や翳りの内面を描こうとしてしている。浜田市立石正美術館所蔵 「舞妓」屏風の竹林の七賢人を模した図があるが、竹林や着物の柄が類似した貴重な作品です。

 

サイズ:額寸 92.5×80㎝  画寸 74.5×63㎝

素材:紙本彩色 / 高島屋出品作品 S46年頃

(お支払い方法・送料・配送方法・返品についてはこちら)