「富士」

(説明)

奥村 土牛(おくむら とぎゅう、1889年〈明治22年〉2月18日 - 1990年〈平成2年〉9月25日)は現代日本の代表的な日本画家の一人。本名:奥村 義三(おくむら よしぞう)。号である「土牛」は、出版社を営んでいた父が寒山詩の一節「土牛石田を耕す」から引用してつけられた。院展理事長。芸術院会員。文化勲章受章。梶田半古、小林古径に師事。

刷毛で胡粉などを100回とも200回ともいわれる塗り重ねをし、非常に微妙な色加減に成功した作品が特徴とされる。<富士山図>(または「富士」)が著名で、皇居にも飾られている。

没後、作品に課せられた巨額の相続税に悩んだ子息が、比較的価値の低かったスケッチを焼却処分したことを告白し話題になった。このことは美術工芸品の相続税制の問題を世に問うことになった。

 

サイズ:画寸34×25cm  額寸42×51cm

素材:紙本,素描  額装 

(お支払い方法・送料・配送方法・返品についてはこちら)