「春兆」

向井 潤吉(むかい じゅんきち、1901年(明治34年)11月30日 - 1995年(平成7年)11月14日)は、日本の洋画家。戦前から戦後にかけて活躍、40年以上に渡り北海道から鹿児島までを旅し、生涯古い民家の絵を描き続け「民家の向井」と呼ばれた洋画家であった。

弟は彫刻家でマネキン制作会社「七彩」初代社長の向井良吉[1]、長男は元TBSディレクターで萩本欽一を育てた事で有名な向井爽也。

日本各地の藁葺きの家を描き、日本人の心の
ふるさとを感じさせてくれます。
聞くところによると 先生は現地で作品を仕上げるそうで
その思いは見る者の心を癒してくれます。

サイズ:23.5×46画寸54×66額寸

油彩.額装

(お支払い方法・送料・配送方法・返品についてはこちら)