「深渓」

(説明)京都府出身の昭和~平成時代に活躍した日本画家。
重厚で幽韻に富む風景表現を樹立し、穏やかな自然風景を中心に作品を発表しており、時には寓意的な作品も試みている事で知られています。
画家として活躍する一方で、京都市立美術大学、名古屋芸術大学の教授をつとめ、後進の指導にも尽力しています。
京都市立美術大学日本画科研究科を終了した山岸純は徳岡神泉に師事しており、徳岡神泉の作風をよく受け継ぎ、富士山や水辺の風景を多く描きました。
日展で初入選を果たしてからは日展を中心に出品を続け、数々の賞を受賞しています。日展常務理事をつとめるなど、日展の中心的作家として活躍しました。

サイズ:画寸60×44.5 額寸80.5×65

素材:日本画

(お支払い方法・送料・配送方法・返品についてはこちら)