「牡丹白菊(双幅)」

(説明)明治20年(1887)~ 昭和46年(1971)
京都に生まれる。京都市立美術工芸学校などで、竹内栖鳳ら京都画壇の重鎮から薫陶を受け、文展などで若くして頭角を現す。大正7年には土田麦僊らとともに、自由な個性の発露を目的とした国画創作協会を創設し、意欲作を発表した。晩年は画壇から離れ高度な精神性を示した墨画を数多く遺す。生涯にわたり花鳥画を描いた。

 

サイズ:画寸26.5x27.軸寸35.5x135cm 双幅

素材:絹本.彩色/共箱

(お支払い方法・送料・配送方法・返品についてはこちら)