「朝」

(説明)

 那波多目 功一(なばため こういち、1933年11月8日 - )は、茨城県出身の日本画家。
日本芸術院会員、日本美術院代表理事・同人・評議員。父は日本画家那波多目煌星。歌人花香煌星は弟。松尾敏男に師事。写生に基づく繊細で優雅な画風が特徴で、四季の花をモチーフにした作品が多い。現存作家の中でも花の名手として知られ、その中でも赤い薔薇が代表的。

サイズ:画寸w45×h35   額寸w64×h54

素材:リトグラフ 

(お支払い方法・送料・配送方法・返品についてはこちら)