「霞草と薔薇」

吉井 淳二(よしい じゅんじ、1904年(明治37年)3月6日-2004年(平成16年)11月23日)は、日本の洋画家。鹿児島県曽於郡末吉町(現曽於市)出身。 


1904年(明治37年) 鹿児島県曽於郡末吉町に生まれる
1922年(大正11年) 鹿児島県立志布志中学校(現在の鹿児島県立志布志高等学校)卒業
1929年(昭和4年)東京美術学校洋画科卒業
1940年(昭和15年)二科会会員就任
1961年(昭和36年) 同会理事就任
1965年(昭和40年)日本芸術院賞受賞
1972年(昭和47年) 南日本美術展審査委員長就任
1976年(昭和51年)日本芸術院会員就任
1977年(昭和52年) 勲三等瑞宝章に叙される
1979年(昭和54年) 社団法人二科会理事長就任
1985年(昭和60年)文化功労者として顕彰される
1989年(平成元年)文化勲章受章
2004年(平成16年) 3月6日、満100歳を迎える。11月23日、死去。
また、晩年の1988年には「福祉を拓き文化を創る」、通称「福祉に文化を」を理念として「絵と彫刻のある憩いの園」加世田アルテンハイムを創設した。郷里鹿児島県で社会福祉法人「野の花会」理事長を務めた。
文化勲章受章者、文化功労者、日本芸術院会員、社団法人二科会名誉理事、サロン・ドートンヌ名誉会員、南日本美術展顧問 

 

サイズ:画寸h27.5×w22㎝  額寸h44×w39㎝

素材:キャンバス、油彩

(お支払い方法・送料・配送方法・返品についてはこちら)